「精神科に行ったら、余計な薬を出されないか?」と不安

相談者から、今だに時々お聞きする、不安の声がこれです。
「精神科って、薬漬けにされる怖いイメージがあって行けない」
・・・精神科というのは、今だにかなりマイナスの印象が強いものです。

実態は?と言うと、
薬漬けになるケース、つまり、カンタンに薬を出して、どんどん増やしていく精神科医は、割合的には少ないと思います。
(ゼロとは言いません。すごく少ないですが、そういう医者も知っています。)

カウンセリングの中で、相談者が飲んでいる薬の種類も確認することが多いのですが、
ほとんどのケースでは、いつも飲んでいるのが1~2種類で、プラス飲みたい時だけ飲むのが1種類とか、そんな感じです。
もちろん、相談者の病状とか希望によって、もう少し多い時はありますが、ほとんどの医師は、最小限の薬で治療しようとしている印象があります。
ですから、そんなに警戒しなくて大丈夫です。

それでも、「薬は出来れば飲みたくない…。」というのが、正直なところですよね。
それなら、精神科に行った時に、「薬は出来れば飲みたくないんですけど」とストレートに言って大丈夫です。
ほとんどの医者は、かなり希望は聞いてくれます。
それでも薬が必要なら、「飲んだ方が早く治るんですけどねぇ・・・。」と医者としての意見は言うと思いますが。
薬を全く飲まずに、精神科に通院しているという人もいるくらいです。

ただ、薬漬けになる事はなくても、精神科には、かなり当たり外れがあります。
例えば、「診察時間がすごく短くて、話をちゃんと聞いてくれなかった」とか、「ほとんど説明をしてもらえず、取りあえず薬を出された」などは、よく聞く声です。
「近所の精神科に、ふらっと行ってみたらハズレだった」というパターンはありがちなので、やめましょう。

ですから、必ず口コミなどで、良い精神科を調べてから行って下さい!
・専門家のコネがあれば聞く(これが一番、確実)
・ネットの口コミなど
・知り合いで患者がいれば聞く
・子どもがいるなら、学校の保健の先生や、スクールカウンセラーが良いと思います。
※ただし、保健所など役所では教えてくれません。何か問題があった時に訴えられることを避けるためです。

当スカイ&リーフでも、ご希望があれば、信頼できる精神科・心療内科の情報提供ができます。詳しくは、カウンセラーにお尋ね下さい。